2007年05月16日

目覚まし占い

目覚まし占い こと 目覚ましテレビの占い

 目覚まし占い 当たると評判がいいみたいです。

 もちろん目覚まし占い 気軽に楽しむもので真剣になりすぎるのは少々あぶなかっしいですが。

 というわけで目覚まし占いについて書く前にまず、目覚ましテレビの基礎知識を当たる占い!おもしろ占い!が解説です。


 -----目覚まし占い-----目覚まし占い-----目覚まし占い-----

テレビは、フジテレビをキーステーションに、フジネットワーク系列27局(TOSを除く)で月曜日 - 金曜日まで、5時25分(MIT、ITC、KTN、UMK、KTSでは5時55分) - 8時00分に放送している朝の情報番組である。

地方局では、各局ごとに、開始時間を繰り上げを実施した。未だに上記の5局は5:55開始になっており、5:25からの30分間は視聴することができない(隣県のフジテレビ系列テレビが直接受信やケーブルテレビ経由で視聴可能であり、かつそのテレビ局が5:25からの放送となる場合を除く)。日は)。

関西テレビでは、阪神大震災関連番組が1月17日のみ5:55開始。形で時刻を告知。
時間帯奪還を目指し、相当の労力を開発された番組である。

1993年頃から各局で純粋な報道番組が他部署と共に放送するか、内包する形をとったが、その流れに制作を改め、社会情報局も参加しての一大プロジェクトであった。

作りが雑になりがちだったが、「目覚ましテレビ」ではVTRを用意した。完全生放送で挑み力量で全体をまとめ上げる作りとは対照的だ。メイン司会はフジテレビアナウンサー以外にもフリーランスのアナウンサーも候補に選考。

 -----目覚まし占い-----目覚まし占い-----目覚まし占い-----

看板アナであった八木亜希子アナが選ばれた。低視聴率のため短期で打ち切られることが多かった(その後のTBSも同じ道を歩む)が、この番組は、ポスト逸見政孝とい大塚キャスターをNHKから、局内からも報道・バラエティ・ドラマ各部門から秀でた人材をそれぞれ引き抜き、「どんなに低視聴率でも最低5年は続ける」と覚悟を決め、番組作りに励んだ結果、地位にまで上り詰めた。

番組開始当初〜1996年までは高視聴率番組を相手に視聴率が低迷、苦戦していたが打ち切ることをせずと番組を育てて行った。
視聴率も当初は超を獲得する。月間平均視聴率が12.8%を記録し、ライバルの『ズームイン!!SUPER』(11.9%)を上回った(フジテレビのホームページ内で発表)。

 -----目覚まし占い-----目覚まし占い-----目覚まし占い-----

KTSは初回からネットしている。

小林美幸【中野美奈子休業時代理】歴代の情報キャスター ・向坂樹興、森昭一郎、中野美奈子、伊藤利尋、大坪千夏、中村仁美、吉沢孝明、塩原恒夫、佐藤里佳、吉田恵、福原直英
posted by 目覚し 占い【今日も元気】 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。